headband

腰痛の原因と最新治療

HOME >> 腰椎すべり症の具体的な治療方法

腰椎すべり症の具体的な治療方法

※「腰椎すべり症の治療方法」からの続きです。

薬物療法と神経ブロック療法
多くの場合、老化が原因となって引き起こされる腰椎すべり症ですが、この腰の疾患も初期の段階であれば、前述した通り保存療法が実施されることになります。

しかしながら、このような保存療法では思ったような効果が得られない場合、要するに痛みが治まらない場合は、薬物療法や神経ブロック療法が施されることになります。


薬物療法では、プロスタグランジンと呼ばれる痛みを伝える成分が作り出されることを抑えるために、非ステロイド性消炎鎮痛剤が使われたりします

また、神経ブロック療法ではブロック注射を打つことで痛みの麻痺を試みることになるでしょう。余談ですが、ブロック注射というのは打つ場所によってはかなりな痛みを伴うことがあります。

以上のように対症療法的な治療と合わせまして、保存療法を行うことで様子見の状態が続くことになるはずです。


手術という選択肢
ただ、それでも望むような効果が得られないということであれば、最後の手段として外科的療法の手術という選択肢も視野にいれる必要が出てくる場合もあります。

腰椎すべり症で手術が行われる場合は、神経が押されて痛みの原因となっている部分の除去と合わせて、腰椎を固定する方式が採用されることもあります


とは申しましても、実際に腰椎すべり症で手術が必要となるケースはそれほどありません。

また、万が一手術ということになったとしても、現代医学における医療技術は格段の進歩を遂げておりまして、術後の回復までに要する時間も短縮されていますので、ご安心いただきたいと思います。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化