headband

腰痛の原因と最新治療

HOME >> 腰椎すべり症の症状と原因

腰椎すべり症の症状と原因

※「腰椎すべり症とは?」からの続きです。

老化が原因の腰椎すべり症
腰椎すべり症は、多くの場合椎間板が老化によって弾力性が失われることで発症します。

椎間板から弾力性が失われると、バランスよく自体重をコントロールすることができなくなって少しずつ前の方にズレてしまうことがあります。


椎間板以外にも老化の影響は腰部に現れることがあります。腰の筋肉や靭帯もまた老化によって柔軟性が失われたり、弱体化することで腰椎を支え続けることが難しくなって前の方にズレてしまうことがあるわけであります。

以上のように老化に関わるメカニズムで発症することから、腰椎すべり症は中高年の人たちが患うケースが多くなるわけですね。


徐々に進行する腰椎すべり症
椎間板の老化は徐々に進行しますので、老化が始まってすぐに腰椎すべり症なるわけではありません。症状が表面化するのは中高年ですが、原因となる腰椎の老化はもっと早いうちから始まります

椎間板の老化は、早い方だと20歳を過ぎたあたりから始まってしまう人もいます。したがいまして、まだ若いから大丈夫などと安心しないでくださいね。

腰椎すべり症は、ぎっくり腰とは異なり急激な痛みに襲われるわけではありません。


腰椎すべり症の初期症状としましては、なんだか腰がだるいという軽い症状から始まって、次の段階では軽い痺れが現れるようになります。

このような症状は強烈な痛みではありませんので、ついつい我慢して気がついたら痛みが慢性化していたなどというケースが多くみられます。

腰椎すべり症は、最悪坐骨神経痛にまで進行する場合もありますので、極力早い段階で病院に行くようにしたいものです。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化