headband

腰痛の原因と最新治療

HOME >> ぎっくり腰の応急処置

ぎっくり腰の応急処置

突然襲ってくるぎっくり腰
ある日ある時、何の前触れもなく突然襲ってくるのがぎっくり腰です。事前に対策をとることができないわけですから、どのように対処して良いかわかりませんよね。

ということで、ここではぎっくり腰の応急処置について取り上げてみたいと思います。

ぎっくり腰の応急処置については三つのポイントがあります。その三つのポイントとは下記の通りです。

【ぎっくり腰の応急処置のポイント】
(1)体が冷えることのない、そして安全な場所に身をおくこと。
(2)体は冷やしてはいけませんが、患部は冷やす方が良いです。
(3)絶対に安静にすること。

以上が、ぎっくり腰に襲われた時に対処するポイントになります。


救急車を呼ぶのは止めましょう
ぎっくり腰になった時というのは、まず安静にする必要があります。そのためにもできるだけ安全な場所に身をおくことは大切です。

もしぎっくり腰の襲われた時、それが自宅であればすぐに安静な状態になれると思いますが、外出時にぎっくり腰になってしまったらそういうわけにはいきません。

仮に道を歩いている時にぎっくり腰になった場合は、周囲の人に手伝ってもらうなどして安全な場所に移動しましょう。


安全な場所に身をおくことができた後は、タクシーや家族または知人にいらいするなどして自宅もしくは病院に行きましょう。

このようなぎっくり腰になった時に、救急車を呼ぶかどうかという問題になります。ぎっくり腰になって、それがどれだけ痛くても救急車を呼ぶのはやめておきましょうという意見が体勢を占めています。


※こちらに続きます。
>>>ぎっくり腰で救急車を呼ぶべき?

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化