headband

腰痛の原因と最新治療

HOME >> ぎっくり腰を予防するためには?

ぎっくり腰を予防するためには?

予防することはできます
ぎっくり腰というのは、ある日あるとき、それこそ突然何の前触れもなく襲ってくるものです。この災難に見舞われた人はその瞬間、為す術もありません。

そしてぎっくり腰は、年齢を問わずに襲いかかります。


そんなぎっくり腰ですが、それでも事前にぎっくり腰に対しての知識をもっていればある程度は防ぐことができるんですね。

あの辛いぎっくり腰を一度でも経験すれば、誰もが予防を心がけようと思うことでしょう。ただし「喉元過ぎれば熱さを忘れる」のことわざ通りで、治ってしまえば予防のことも忘れてしまいがちかもしれませんね。


柔軟性を失っている腰周辺の筋肉
ぎっくり腰も対策を講じれば、予防することは可能です。ただし、予防するためにはその原因をしっかりと把握しておく必要がありますね。

果たしてぎっくり腰はなぜ起きるのでしょうか?そもそもぎっくり腰が起きる状況というのは個人差がありますので一概にこれだと言い切ることはできません。


ただ多くの場合ぎっくり腰は、腰の筋肉が柔軟性を失って筋肉が硬直してしまうことが根本にあります。腰がこのような状況にありますと、腰に少しの負担がかかっても痛めてしまうことになるんですね。

例えば、長時間立ちっぱなしで仕事をするとか、座りっぱなしで作業をするような事がありますと、やはり腰の筋肉は硬直してしまいます。

要するに長時間、同じ姿勢をとらずに途中で姿勢を変える動きを取り入れることが大切なのです。そうすれば自然と腰にかかる負担は軽減されます。


※こちらに続きます。
>>>ぎっくり腰を予防する方法

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化