headband

腰痛の原因と最新治療

HOME >> ぎっくり腰になった時の対処法は?

ぎっくり腰になった時の対処法は?

※「ぎっくり腰で痛めやすい場所」からの続きです。

突然襲う激しい痛み
なんの予告もなしに、いきなり腰に激しい痛みとなって襲ってくるぎっくり腰です。

もちろん、心の準備ができているわけではありませんから、もしかしたらパニックに陥る方だっていらっしゃるかもしれませんよね。


突然襲ってくるギックリ腰です。さてこのような危機にどのように対処したらよいのでしょうか?

当然のことながら、最も賢明な選択肢は病院に行って医師に診察してもらうことです

下手に体を動かそうとすると腰に激痛が走るぎっくり腰です。しかしそれでも、ご自身でやるべき対処の方法があります。


やってはいけないこと
ぎっくり腰になった時にまずやるべきこと・・・、というよりもやってはいけないことといったほうが良いのかもしれませんね。

まずは無理して動いてはいけないということです。痛みが発生してから最初の三日間は安静が一番良い方法なのです。この三日の間は無理をしてはいけません。

腰に良い体操とかストレッチなどがありますが、発症当初に無理をして動かしたりしますと症状を悪化させてしまう可能性が高いと言ってよいでしょう。

そうなると治りだって遅くなりかねません。


ぎっくり腰への対応は炎症と同様に、温めるのではなく氷や水で痛みのある部分を20〜30分くらい冷やすことを2〜3時間間隔で行うと痛みが和らぐと言われております。

ただし冷やすか温めるかの判断は、痛みの原因にも関わってくることですから、やはり医師の判断に任せたほうが無難だと思います。

ぎっくり腰は安静が第一です。そうすれば痛みの方も数日で治まってくるでしょう。もしそれでも少しの改善もみられないようであれば病院に行って診察してもらう必要があります。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化