headband

腰痛の原因

HOME >> 妊娠中は腰痛になりやすいの?

妊娠中は腰痛になりやすいの?

腰に負担を強いる妊娠
妊娠期間中というのは、どうしても腰を痛めやすいわけでありまして、これはもう一般的な常識と言ってもよいのかもしれませんね

なにしろ妊婦さんは、大きなお腹を抱えて日々の生活を送っているわけでありますから、そんな日常生活では腰にも大きな負担がかかるのは当然のことだと思います。


お腹の中の赤ちゃんが成長するに従って、妊婦さんの体重が増加しますが、ただ単に体重が増えたことだけが腰痛の原因というわけではないのであります。

体重という面だけで考えた場合、もっと太っている人はたくさんいらっしゃいます。その方たち全てが、腰痛を訴えているわけではありません。

もちろん、太っていればそれだけで腰に負担がかかるのは事実ですし、そのことが原因で腰痛に悩まされている人もいるでしょう。


10キロもの体重増が大きな負担
太っている人で腰痛に悩まされている人は、運動不足から腰回りの筋力低下に陥っている人が多いのではないでしょうか?

それを考慮してもなお、太っている人の中で、妊婦さんほど多くの方が腰痛に悩まされるわけではありません。

妊娠期間中に腰が痛くなる時期というのは、目立ってお腹が大きくなり始めるころからです


ただ妊婦さんの腰が痛くなる原因は、単に体重が増えるからというわけではありません。

妊婦さんの体重に関する医師の指導は、通常「ご自身の体重+10キログラム未満」というケースが多いと思いますので、それに従えば、妊婦さんの体重増は10キログラム程度ということになります。

10キログラムの体重増は、やはり妊婦さんに負担を強いることになるのは間違いありません。


※こちらに続きます。
>>>妊娠中の姿勢が腰を痛くする

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化