headband

腰痛対策

HOME >> 腰痛対策に腹筋と背筋を鍛えましょう

腰痛対策に腹筋と背筋を鍛えましょう

※「腰痛大国の日本」からの続きです。

若い人にも多い腰痛持ち
腰の痛みの悩みというのは、けっしてご高齢の方だけが抱えている問題ではありません

10代や20代の若い人たちも、腰痛という悩みを持っている方がたくさんいらっしゃいます。


人という動物のご先祖様は、4本の足で体重を支えていました。野生の世界を4本の足で歩いて、4本の足で走り回っていたわけですね。

ところが人は進化とともに、少しずつではあっても2本の足で立つようになります。2本の足で歩いて、2本の足で足り回るという現代人と同じ姿勢です。

人は4足歩行の時代から2足歩行の時代へと変遷していくことで、腰に痛みという宿命を背負ってしまったのかもしれません。


腰を保護する腹筋と背筋
人が2足歩行するためにポイントとなるのは背骨と骨盤です。そしてそれらを支える筋肉は非常に重要な役割を担っているわけであります。

人体というのは当然、色々な筋肉で構成されております。その中でも背骨と骨盤を支えているのが腹筋と背筋という存在なのです。

この腹筋と背筋は、腰を保護するためのコルセットと言ってもいいかもしれませんね。


さて、そんな大切な役割を持つ筋肉なのですが、これが衰えてしまったり、あるいは均衡を失ってしまいますと、背骨と腰に負荷がかかり、腰に痛みという症状となって現れてしまうわけであります。

したがいまして、腹筋と背筋を鍛えることで筋力を維持してコルセットの役割をしっかりと果たしてもらうことはとても重要なことなのです。


ここで少しばかりご注意いただきたいのですが、ただ闇雲に筋力トレーニングをやれば良いというわけではありません。無茶なトレーニングは逆効果となってしまうこともありますからね。

ということで正しい知識を得た上で、トレーニングを行いましょう。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化