headband

腰痛体操

HOME >> 腰痛体操と腹筋運動

腰痛体操と腹筋運動

※「腰痛を改善する体操」からの続きです。

緊張状態にある腰周辺の筋肉
腰に痛みが現れる要因の多くは、腰の周辺の筋肉が不自然な緊張状態に置かれるからです。

このような緊張した筋肉を体操などで解きほぐしてあげれば、腰の痛みを緩和させることができるかもしれません。


「腰痛を改善する体操」は、ごく簡単なものですからどなたでも実行することができます。

この体操を何回か繰り返し行うことで、腰周辺の筋肉が緊張した状態から少しずつ解放されるようになるわけです。


さて、腰の周辺の筋肉の中には腹筋もあるわけなのですが、腰痛を起こすケースで多く見られるのが運動不足による筋力の低下です。

腹筋の力が弱くなるということは、腰椎を支える力も弱体化するということです。このような状態は、腰に痛みが現れやすい環境にあるということになります。


ということは、腹筋を鍛えることで腰痛を防ぐことができるということになります。腰痛体操を行うとともに、腹筋を鍛えることも有効なことなのです。

腹筋を強化する体操の一例を次に上げておきますね。


(1)膝を軽くたてた状態で仰向けに寝てください。この時両手は、お腹の上に置きます。
(2)頭を持ち上げながら、おへそを覗きこむようにしてください。この時お尻をちょっと浮かせるようにします。
(3)次に姿勢が変わって、両腕を体の横につけ、両足は真っすぐにして仰向け状態になります。
(4)両足を真っすぐに伸ばしたままゆっくりと、床から10センチくらい上げてから止めます。
(5)足上げ状態を5秒間維持してからゆっくりと下ろします。これを3回行って下さい。



以上が、腹筋を強化する体操になります。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化