headband

腰痛の原因

HOME >> 腰に痛みの現れる病気

腰に痛みの現れる病気

※「腰痛の症状の違い」からの続きになります。

腰痛の原因を明確に
腰痛と言いますと、ついつい一言で片づけられてしまいがちですが、実は一様ではないわけでありまして、「腰痛の症状の違い」でも申し上げました通り、腰の痛みの現れ方には色々なケースがあります。

それは腰に痛みの現れる原因が、異なっているからなのです。


このような腰の痛みの内容から、その原因を見つけ出すことが可能です。したがいまして、ご自身の腰の容体、その症状はしっかりと把握しておきたいところでもあります。

そもそも病気というものは、原因が分かってこそ的確な治療を受けることができるわけですからね。


腰痛に関わる疾患
例えば、腰に痛みの現れる疾患には、腰痛症(筋筋膜性腰痛症)、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗鬆症などがあります。

また、内臓疾患から出てくる腰痛もあります。どのような内臓疾患かともうしますと、大動脈瘤、尿管結石、腎臓結石、婦人科疾患などが考えられます。


もし仮に、腰の痛みにとどまらずに背中にまで現れているようであれば、もしかしたら子宮ガンや子宮内膜症、あるいは血管の閉塞などの可能性も考えられます。

ただの腰痛だなどと言って放置していけません。病院に行って、しっかりと診察してもらいましょう。


ところで腰痛と尿管結石を比較した場合、その痛みなどの症状は感覚が類似しています。そのため、腰痛のつもりで病院に行ったら、診察の結果、尿管結石だったというケースがありますのでご注意くださいね。

pagetop

原因

症状

治療

予防

原因

症状

治療

予防

Copyright(C) 2012 腰痛の原因と最新治療 All Rights Reserved. コスメの多様化